子宮頸がんの原因と考えられる高リスク型ヒトパピローマウイルス(高リスク型HPV)検査を男性で始めました。亀頭や冠状溝周囲の皮膚を綿棒で擦過し上皮細胞を採取します。細胞中のウイルスの有無を検査します。保険が効きませんので自費の検査です。5,000円+消費税になります。女性に比べて男性の検査方法は確立されていないため参考値となります。