自由(自費)診療

性感染症の自由診療について

性感染症の症状が全くない場合診療は、自由診療になりますので、予めご了承ください。
また、プライバシー保護のため保険診療での受診に躊躇される方は、自由診療にて検査や治療を受けることもできます。

病名が自宅や職場にばれないか心配な方へ

自分が受診した医療機関の支払い結果の明細(病院名と費用)が自宅に届くときがあります。
これは医療費がどの位かかっているか知ってもらうことによって医療の実態を知ってもらうため、そして医療機関が不正請求をしていないかチェックする意味があります。
この明細には病名は記載されません。
医療機関は、受診した患者について診察費の請求を社会保険事務所に送ります。
社会保険事務所の担当者は病名と診察内容、薬のチェックを行いますが、名前と照合することはありません。
社会保険事務所から月遅れで各保険組合に送られます。ここでも名前と病名をチェックすることありません。
結論として病名が会社や自宅に判ることはありません。 

自由診療費の目安

下記はあくまで目安です。
保険診療ではその3割負担ですが、自費診療では診察、検査、薬代の全額自己負担となりますので、ある程度の余裕をもってお越しください。

保険診療 自由診療
淋菌感染症 1,500~3,000円 9,000円~10,000円
クラミジア 1,500~3,000円 9,000円
非淋菌性非クラミジア性感染症 1,500~3,000円 9,000円
性器ヘルペス 2,000円 6,000円~8,000円
尖圭コンジローマ 3,500円 10,000円~15,000円
膣トリコモナス感染症 1,200円 3,500円
性器カンジダ症 1,200円 3,500円
ケジラミ症 3,000円 5,000円
HIV感染症(検査のみ) 1,700円 6,000円
梅毒 1,500円 5,000円
性病総合検査(クラミジア,淋病,HIV,梅毒)   9,000円(税込)
性病総合検査(B型,C型肝炎)   5,000円(税込)
性病総合検査(咽頭クラミジア,淋病) 1,500円~3,000円 5,000円(税込)

ED治療について

EDとは、(少なくとも3カ月以上)満足な性行為を行うのに十分な勃起が得られないか、または維持できない状態のことです。
私たちは年齢を問わず気軽に受診していただけるよう細心の注意をはらって診療に取り組んでおります。

EDの原因

EDの原因には血管性、神経性、ホルモン性、薬剤性などのがある場合と明らかな原因が無くストレスなどが原因と考えられる心因性(機能性)の場合があります。
血管性とは動脈硬化や骨盤内の手術に伴ってペニスに行く動脈血が不十分な場合(動脈性)とペニスから血液が流出する静脈系の異常の場合があります。神経性とは糖尿病による神経障害、直腸がんなどの骨盤内手術による神経の切断などで神経刺激が充分伝達されない場合です。ホルモン性(内分泌性)とは男性ホルモンの不足や、プロラクチンなどの勃起を傷害するホルモンの分泌異常のある場合です。薬剤性とは一部の降圧剤や神経疾患で処方される薬がEDの原因となっていることがあります。
問診や血液検査など簡単な検査で大体の原因は判明します。これらの器質的な異常がない場合は心因性と考えられます。

血管性

動脈硬化などにより血液が充分に流れない場合。

神経性

骨盤内の手術や糖尿病などにより神経の伝導が傷害されている場合。

内分泌性

男性ホルモン(テストステロン)やプロラクチンなどのホルモン異常がある場合。

心因性

精神的ストレスなどで交感神経が緊張していると動脈が充分に拡張しません。セックスの失敗や性器の悩み、寝室の環境などが原因となることもあります。

薬剤性

降圧剤、抗うつ剤、神経疾患治療薬、ホルモン剤などの一部の薬

ED治療薬の効果

ED治療薬は一酸化窒素(NO)刺激によって生産された血管拡張物質を分解する”PDE-5”という酵素の作用を阻害します。
その結果、血管拡張物質が分解されずに血管壁に溜るため血管拡張作用が長続きします。この血管拡張作用により勃起がより強く、より長く維持されます。

ED治療薬の価格(1錠の価格)

初めての診察時は初診料1,080円がかかります。2回目以後は薬代のみで診察料はかかりません。
下記は税込価格となります。

バイアグラ・錠剤
バイアグラ・錠剤
当院は医師の処方の元、国内正規品のバイアグラを取り扱っております。
25mg錠 1錠/1,250円
50mg錠 1錠/1,500円
バイアグラ・フィルム
バイアグラ・フィルム
口腔内で溶解する薄いフィルム状になっており、吸収も速く30分ほどで効果があります。錠剤より低価格で持ち運びに利便性があります。
50mg錠 1枚/1,100円
レビトラ
レビトラ
2003年にドイツで発売、2004年に日本で正式承認されたED治療薬です。
5mg錠 1錠/1,250円
10mg錠 1錠/1,500円
20mg錠 1錠/1,900円
シアリス
シアリス
シアリスの最大の特徴はバイアグラやレビトラと比較し長時間効果が持続することです。
5mg錠 1錠/1,500円
10mg錠 1錠/1,750円
20mg錠 1錠/2,100円
シルデナフィルOD(コーヒー味、レモン味)
シルデナフィルOD(コーヒー味、レモン味)
バイアグラ”のジェネリック医薬品で、ODとは口腔内崩壊の略です。口の中で唾液で溶解するために水無しで服用できます。バイアグラ50㎎と同等の効果です。
50mg錠 1錠/1,200円
シルデナフィル
シルデナフィル
バイアグラ”のジェネリック医薬品で、バイアグラ50㎎と同等の効果です。
50mg錠 1錠/900円
治療薬の強さの比較
  • バイアグラ(25mg)=レビトラ(5mg)=シアリス(5mg)が同等の強さ
  • バイアグラ(50mg)=シルデナフィル(50mg)、レビトラ(10mg)=シアリス(10mg)が同等の強さ
  • レビトラ(20mg)=シアリス(20mg)が同等の強さ
バイアグラ・レビトラ・シアリスが内服できない人

硝酸薬(ニトロ系薬剤)を内服している人。
心筋梗塞、狭心症、一部の不整脈などの心臓の病気がある。
重症の高血圧症、低血圧症、重い肝臓病や腎臓病。
網膜色素変性症。バイアグラやレビトラ、シアリスを内服してアレルギーを起こした人。
水虫の薬を内服している人。HIVで内服治療をしている人。一部の抗不整脈薬を内服している人。

診察の流れ

  • STEP.1

    受付

    問診票に記入いただきます。

  • STEP.2

    診察

    問診(内服している薬の有無や過去の病歴の確認)。日頃内服している薬をお持ちください(お薬手帳でも可)。

  • STEP.3

    処方

    診察や問診で問題なければ、薬の使い方や注意を説明し処方いたします。

  • STEP.4

    検診

    問診のみで特別な検査は原則ありません。

  • STEP.5

    費用

    自費診療(自由診療)となります。初診料1,080円とお薬代です。2回目からはお薬代のみで診察料はかかりません。

オンライン診療でプライバシーに配慮した診察が可能です。

うめやま医院では、『ED』と『性感染症』のオンライン診療を自由診療として行っています。
遠方の方、仕事が忙しくて来院する時間がとれない方、プライバシーを大事にしたい方はご利用ください。
当院を受診されたことがない方でもご予約、ご相談を受け付けております。
性感染症診療(保険外)は、クラミジア・淋病(男性、女性、咽頭)、性器ヘルペス、尖圭コンジローマが対象です。専門医として患者さんの立場に立った丁寧な診療を行います。
利用するには以下の方法をご利用ください。

オンライン診療方法

当院ではオンライン診療をご利用できます 。下記をクリックしてアカウントを登録していただくと予約可能となります。

オンライン診療

診察予約をお申込みいただくと、予約当日の指定のお時間に当院から携帯電話に連絡を入れますので、自宅や駐車した車内など落ち着いた環境でお待ちいただきます。
診察の後に健康に問題がなければ薬を配送します。

ご利用にあたって
  • 予約料(540円)+薬代+配送料(450円)がかかります。診察料はED診療は0円、性感染症は3,240円となります。
  • CLINICSというオンライン診療アプリを利用しています。支払いはカード決済となります。
  • カードの払先名義はアプリ提供会社の”(株)メドレー” 様となります。うめやま医院名義ではありません。
  • 薬の送り先を指定することができます。オンライン診療時に送り先をご連絡ください。

育毛剤

フィナステリド(28錠)
6,900円(税抜)
ザガーロ(30錠)
9,000円(税抜)

お問い合わせ・ご予約

診療時間|9:00~13:00 15:00~18:00 ※水曜午前は9:00~12:00迄、土曜午前は8:40~12:00迄
休診日|毎月1日、月曜午前、水曜午後、土曜午後、日曜、祝日

027-328-5500

メールでのお問い合わせ

オンライン診療