性感染症(性病)科

性感染症

泌性感染症(STD)について

性感染症(STD)とは、クラミジアや淋菌といった性行為によって感染する病気の総称です。別名STDと呼ばれています。現在の日本では、20代30代を中心に約600万人の患者がいるといわれています。
クラミジアや淋病による尿道炎、クラミジアや淋病による咽頭炎、梅毒、尖形コンジローマ、亀頭包皮炎、性病検査(性感染症検査)、性器ヘルペスなどを、病気が疑われる症状があれば、保険診療による検査および治療をおこなっております。(自由診療も可)
当院は、女性患者さんも気兼ねなく診療を受けていただけるよう心がけています。性感染症の正しい知識をもち、心配な場合には医師にご相談ください。

診察について

自己診断チャート

性感染症は症状が消えたようにみえても、実はずっと潜伏しています。
もしかしたら、性感染症に感染したかも…でも、検査に行くのを躊躇してしまうと、悩んでいる間も症状は悪化していきます。不安な方は、自己診断チャートで判断してみてはいかがでしょうか。

Q1
あなたの性別は?

性感染症の症状

淋病の可能性あり

潜伏期間:3日~3週間
  • 排尿痛がある
  • 黄色っぽい膿がでる
  • 尿道に灼熱感がある
  • 血尿がでる
詳細はこちら

クラミジアの可能性あり

潜伏期間:1週間~3週間
  • 軽い尿道痛がある
  • 尿道の不快感がある
  • 尿道内に痒みがある
  • 尿道から水っぽい分泌液がでる
詳細はこちら

性器ヘルペスの可能性あり

潜伏期間:2日~12日
  • ペニスに小さな赤色の水泡がある
  • 発熱と共に陰部に痛みがある
  • 残尿感や神経痛がある
  • 赤いブツブツがある
詳細はこちら

尖圭コンジローマの可能性あり

潜伏期間:3週間~8ヶ月
  • 亀頭及び包皮にイボ状のブツブツがある
  • 陰部、肛門周辺に先の硬いイボがある
  • ブツブツがカリフラワー状に大きくなった
  •  
詳細はこちら

トリコモナスの可能性あり

潜伏期間:3日~1ヶ月
  • おりものの変化・異常がある
  • 性器のかゆみ、痛みがある
  • 外陰部の腫れ、ただれがある
  • 微量な尿道からの分泌物がある(男性)
詳細はこちら

性器カンジタの可能性あり

潜伏期間:感染経路や症状で異なる
  • 亀頭や包皮が赤くなる
  • 陰部の痒みがある
  • 陰部から白いカスが出る
  •  
詳細はこちら

ケジラミの可能性あり

潜伏期間:1週間で卵が孵化する
  • 陰毛部に強烈な痒みがある
  • 下着に茶色のシミが点在する
  • 陰部に点状の発赤がある
  • 小さな虫のようなもの、卵が陰毛に付着している
詳細はこちら

梅毒の可能性あり

潜伏期間:3週間~2ヶ月
  • 身体中に赤い湿疹ができたが痒みがない
  • 陰部に赤いしこりができた
  • 湿疹やしこりがあったがなくなった
  • 足の付け根にしこりができた
詳細はこちら

お問い合わせ・ご予約

診療時間|9:00~13:00 15:00~18:00 ※水曜午前は9:00~12:00迄、土曜午前は8:40~12:00迄
休診日|毎月1日、月曜午前、水曜午後、土曜午後、日曜、祝日

027-328-5500

メールでのお問い合わせ

オンライン診療