ヒトパピローマウイルス:HPVって何?

ヒトパピローマウイルス(HPV:human papilloma virusu人乳頭腫ウイルス)には100種類上のタイプがあります。ヒトパピローマウイルスによって引き起こさされる疾患は尖圭コンジローマ、子宮頸がんなどがあります。 尖圭コンジローマはヒトパピローマウイルスのうち6型、11型などの低リスク型によって引き起こされます。それに対して子宮頸がんはヒトパピローマウイルスのうち16,18,31,45 ,52,58型、などの中~高リスク型によっておこります。
ヒトパピローマウイルス(HPV)は性行為によって感染する性感染症です。

【子宮頸がんの原因は、性感染症のヒトパピローマウイルスです。】

近年、子宮頸がんの原因がヒトパピローマウイルスであることがわかってきました。すべてのヒトパピローマウイルスが子宮頸がんの原因ではありませんが、子宮頸がん組織中のヒトパピローマウイルスの検出結果などから、16、18、…型などの高リスク型の持続感染が子宮頸がん発生と深くかかわっていることがわかっています。

ヒトパピローマウイルスはごくありふれたウイルスで性交渉によって男性から女性へ、あるいは女性から男性へと感染していきます。

 女性のほとんどが一度は感染すると言うほど機会の多い感染症です。女性の生涯罹患率は80%とも言われています。一般には感染しても多くの場合2~3年の経過で自然に治癒しウイルスは消失します。しかし、一部の女性(10人に1人位)ではウイルスが消失せずに感染が長期化することがあります。ウイルスの持続感染が続くと、子宮頸部の上皮に異常増殖(異形成)が起こります。それでも多くの場合はウイルスは徐々に排除され異形成は治ってきます。しかし一部の人で異常増殖(異形成)が続き軽度異形性から高度異形性へと進みここから子宮頸がんになる可能性があります。しかし、高度異形性の段階で治療すれば子宮頸がんに発展することを予防することができます。
HPV検査によって子宮頸がんを予防したり早期の段階で発見することができます。

【男性のヒトパピローマウイルス感染について】

現在までのところ詳しい研究はありません。ヒトパピローマウイルスが感染すると上皮の増殖が盛んになることから、亀頭が赤くはれたり、包皮の間に消しゴムの粕のようなものが多くなった時などは感染の可能性があるかもしれないと考えられます。

男性ヒトパピローマウイルスの検査

保険が効かないために自費診療となります。
亀頭、冠状溝周囲の皮膚から綿棒にて上皮細胞を擦過にて採取しウイルスの有無を検出します。予約の必要はありませんのでご希望の方はご来院ください。
費用は 5,000円(消費税別)です。

うめやま医院 高崎市 泌尿器科