行楽や仕事、連休の旅行などでしばしば高速道路を使います。私はどちらかというとせっかちかもしれません。100キロ制限ならば100~115キロ位のスピードで、80キロ制限ならば80~100キロ位で走ることが多いです。つながっているときはあきらめますが、道路がすいているときは遅い車がいればぬかすし、捕まらない範囲でスピードは出しています。渋滞があれば右を走ろうか左が良いか一応考えて多くの場合は追い越し車線を走っています。高速道路を使うのは目的地に早く着きたいからですが、みなさんはどんな運転をしていますか?
 
 実はちょっと前のことですが、車がパンクして応急タイヤに付け替え1週間ほど乗っていました。その時に高速道路を走る機会がありました。高崎から赤城インターまでいつもなら15分くらいの道のりです。車やさんに80キロしか出してはいけないと言われていたので75~80キロでずーっと走りました。この間に追い越した車は一台もありません。すべての車に追い越されました。私が遅いスピードで走っていたので結構邪魔になっていたと思います。すべての車に追い越されて、すべての車の後姿を見ました。景色もゆっくり眺めながらのんびりとしたドライブでした。高速道路もゆっくる走ると周りの景色を楽しめるんだということがわかりました。いつもの高速道路の運転とは全く違うゆったりとした気分でした。自分を追い越している車は、きっと自分を邪魔だと思っているんだろうなとか、そんなに急がなくてもいいんじゃないのとか勝手に思っていました。みんなに追い越されるのってそれもありなんだ。その代りドライブが楽しめるんだから。そんな思いを持ちました。

 ふと考えるとこれって人生に似ているんじゃないか。
昔に比べて今の世の中いろいろ余裕がありません。風呂沸かしも、昔ならマキをくべて炊いていたのが今はスイッチ一つです。洗濯機だって、車だって、郵便がインターネットに変わり、すべてのものが早く処理できるようになりました。おかげで暮らしは楽になったでしょうか?空いた時間にのんびり過ごしていますか?仕事のペースも生活のリズムも早くなっただけでその分仕事量は増え、他人との競争も起こります。

 将来いい暮らしをするために、今のいい暮らしを捨てている。それを永遠に続け死ぬ間際になっていい暮らしはなんだったかきづく。マイホーム、教育、海外旅行、出世、地位、名誉、
目的地に早く着くために途中の道のりの楽しみを捨てる。目的地に着くと人がたくさんいて観光した気分になるが実際は疲れるだけ。また次の目的地に向かう。点から点の移動になっている。

もうちょっと のんびり進もうか、のんびり暮らそうか